FC2ブログ

4E201

◆現在SSL化作業中です。一部表示が乱れるかも知れません◆ ・・・TES大好き、もきゅがスカイリムの物語をお届けします

◆Table of Contents(目次とご挨拶)

◆目次◆Chapter: 0 Prologue ◆Chapter: 1-1 錬金術師の娘 ◆Chapter: 1-2 納品日 ◆Chapter: 1-3 異邦人 ◆Chapter: 1-4 難破船 ◆Chapter: 1-5 居候 ◆Chapter: 1-6 緩やかな絆 ◆Chapter: 1-7 哨戒任務 ◆Chapter: 1-8 地下室 ◆Chapter: 1-9 兄妹 ◆Chapter: 1-10 作戦会議 ◆Chapter: 1-11 消えた2人 ◆Chapter: 1-12 2つの戦い ◆Chapter: 1-13 見えざる手◆Chapter: 1 Epilogue◆Chapter: 2-1 密航者◆Chapter: 2-2 国境を越...

2030
01

◆Chapter 2-30: メレシスの腸(はらわた) 〈後編〉

この話は、2分割した30話の後半となります。まだの方は下のリンクから先に前半部分をお楽しみ頂ければと思いますヾ(๑╹◡╹)ノ"→ Chapter 2-30: メレシスの腸(はらわた) 〈前編〉仲間と別れて先に進んだイェアメリス、アスヴァレン、アルフレド達三人は、貯水池を越えた区画に足を踏み入れていた。彼女たちが居るこの場所では複数の水路が合流し、鉄柵の向こうの暗いトンネルに向けてごうごうと流れ込んでいる。「ここが・・・コロアカ...

2020
23

◆Chapter 2-30: メレシスの腸(はらわた) 〈前編〉

この話は、2分割した30話の前半部分となります。続きは下のリンクからお楽しみ頂けれますヾ(๑╹◡╹)ノ"→ Chapter 2-30: メレシスの腸(はらわた) 〈後編〉軽い目眩を伴う転移の後、イェアメリスたちが出たのは通路であった。後ろは行き止まりで、ポータルらしきものも何もないところを見ると一方通行のようだ。通路は片側の壁にびっしりと窓が並んでおり、そこから階下に広間が見える。「みんな揃ってるか?」アルフレドの呼びかけにイ...

2020
21

◆Chapter 2-29: 呪いの正体

救出の翌日、陽が昇って少ししてからイェアメリスは目を覚ました。闘技場の朝は早い。それに慣れてしまったためか、もう少し微睡んでいたいのに身体が起床を要求してくる。起き上がって軽く腹に何か入れ、稽古に向かわなければ・・・ぼんやりとした視界が定まってくると、彼女は自らの置かれた状況を理解して大きく息を吐いた。居心地のいい石造りの部屋。窓には目張りなど無く、惜しみない光が差している。隠れ営業をやっている闘...

2020
20

◆保存用に電子書籍化

こんにちは、もきゅԅ(º﹃ºԅ)です。いつもお読み頂きありがとうございます。ふと気付いたのですが、作ったお話って文章と画像はそれぞれしっかりバックアップ取っているのですが、このブログで公開しているようなミックスした完成状態でのマスターデータ無いんですよね。ここFC2に在るものが原本という状態でした。そこでオフラインでちゃんと完結した形を持っておきたいなと、いろいろ手段を見ていて、前にちょっとだけ試してみて...

2020
06

◆Chapter 2-28: 崩れる波濤〈後編〉

この話は、2分割した28話の後半となります。まだの方は下のリンクから先に前半部分をお楽しみ頂ければと思いますヾ(๑╹◡╹)ノ"→ Chapter 2-28: 崩れる波濤〈前編〉「おい、なぁ・・・すげぇな、あれ」奉納試合最終戦。"札破り"対"不死の男"。興行主が金をかけて宣伝し、煽りに煽っただけのことはあった。観客たちは先の試合が前座に思える程の激しい二人の戦士のやり取りに固唾を呑んで見守っていた。最近はスマートな試合運びが増え...

2020
05

◆Chapter 2-28: 崩れる波濤〈前編〉

この話は、2分割した28話の前半部分となります。続きは下のリンクからお楽しみ頂けれますヾ(๑╹◡╹)ノ"→ ◆Chapter 2-28: 崩れる波濤〈後編〉奉納試合の当日・・・牢獄から解放されたイェアメリスは、鎖を外されたとき最初、自力で立つことが出来なかった。足の筋肉が痙攣して力が入らず、牢の床に崩れ落ちるように倒れ込んでしまい、興行主の私兵によって苦労して運び出された彼女は、ひどく汚れて鼻をつまむような臭いを発していた。...

2020
05

◆Chapter 2-27: 救出作戦〈後編〉

この話は、2分割した27話の後半となります。まだの方は下のリンクから先に前半部分をお楽しみ頂ければと思いますヾ(๑╹◡╹)ノ"→ Chapter 2-27: 救出作戦〈前編〉翌日、星霜の月31日。一年最後の日。サルモールの高官誘拐作戦を考え出した彼らは、準備をほぼ済ませると互いの身辺確認を行った。ひとりひとり街中を歩き回り、離れた所から尾行が付いていないことをセロとシェラザードが見張る。それを人数分繰り返したのだ。前回のこ...

2020
01