4E201

TES大好き、もきゅがスカイリムの物語をお届けします

◆Index(もくじとご挨拶)

◆Chapter: 0 Prologue ◆Chapter: 1-1 錬金術師の娘 ◆Chapter: 1-2 納品日 ◆Chapter: 1-3 異邦人 ◆Chapter: 1-4 難破船 ◆Chapter: 1-5 居候 ◆Chapter: 1-6 緩やかな絆 ◆Chapter: 1-7 哨戒任務 ◆Chapter: 1-8 地下室 ◆Chapter: 1-9 兄妹 ◆Chapter: 1-10 作戦会議 ◆Chapter: 1-11 消えた2人 ◆Chapter: 1-12 2つの戦い ◆Chapter: 1-13 見えざる手◆Chapter: 1 Epilogue◆Chapter: 2-1 密航者◆Chapter: 2-2 国境を越え...

2030
01

◆Chapter 2-15: まき散らされる死

護送隊の馬車は街道を順調に進んでいた。天候以外は。馬車は雪に覆われた街道を踏みしめ、親切にも轍をつけて追跡者たちに目印を残している。30年前、皇帝を保護したノルドのジョナ将軍も、ペイル峠を目指してこの道を進んだのだろうか。・・・いま同じ路を通るのは帝国に反逆の牙をむき、そして捕らえられたウルフリック・ストームクロークとその配下たちであった。女隊長は馬車の周りに油断なく目を走らせている。ダークウォータ...

2018
27

◆Chapter 2-14: 狂える魔女

道端にはカボチャが置かれ、家と家の間には提灯が吊されて街路を照らしている。一週間の魔女祭も中盤に差し掛かり、初めのころの熱気は影を潜め、村はやや落ち着きを取り戻していた。世界のノドの東側、ゲイル湖の脇に佇むイヴァルステッド。リフテンから出張ってきた行商人たちも一足早く引き上げてしまい、旅人も少ない冬を控えたこの季節。出歩き言葉を交わすのは村の住人同士、見知った顔ばかり。そんなささやかな平穏を破る出...

2018
16

◆第1部 あらすじ(と作品構成)

こんばんわ、もきゅです。エイプリルフールですけど、それとは関係ない記事です(゚∀゚)第2部も中間に差し掛かってきたということで、ただいま全体構成の見直しを行っています。(書き直しとかではなく、今後のプロット整理)最近どうしても一話の長さが長くなってしまってます。描きたいものが次から次へと湧いてくるのは良いことなのですが、話を構成するのに本当に必要なものは何か、意味のないシーンを挟んでしまったり、余分に伏...

2018
01

◆Chapter 2-13: 邂逅

イェアメリス達は畑に植えられたニルンルートを前にして、しばらく感嘆の表情のまま固まっていた。ニルンルートは高価な錬金素材だ。そのニルンルートが栽培されている。この光景は錬金術を生業としているアスヴァレンとイェアメリスには驚くべきものであった。丘からの湧き水は自然に少しだけ手を加えて引水され、植えられているニルンルートの間を清流となって撫でている。自ら発光する葉の輝きと、耳をくすぐる透き通った鈴のよ...

2018
17