4E201

TES大好き、もきゅがスカイリムの物語をお届けします

◆Index(もくじ)

◆Chapter: 0 Prologue ◆Chapter: 1-1 錬金術師の娘 ◆Chapter: 1-2 納品日 ◆Chapter: 1-3 異邦人 ◆Chapter: 1-4 難破船 ◆Chapter: 1-5 居候 ◆Chapter: 1-6 緩やかな絆 ◆Chapter: 1-7 哨戒任務 ◆Chapter: 1-8 地下室 ◆Chapter: 1-9 兄妹 ◆Chapter: 1-10 作戦会議 ◆Chapter: 1-11 消えた2人 ◆Chapter: 1-12 2つの戦い ◆Chapter: 1-13 見えざる手◆Chapter: 1 Epilogue◆Chapter: 2-1 密航者◆Chapter: 2-2 国境を越え...

2030
31

◆Chapter: 2-5 空回り

上級王トリグが公衆の面前で暗殺されるという衝撃的な事件から一夜が明けた。いきなり王を失ったブルーパレスの混乱はとても収まるようなものではなく、実質機能が麻痺したソリチュードの指揮はスカイリムの帝国軍を統括するテュリウス将軍が執ることとなった。上級王が弑され、ウルフリックが門を破った直後、将軍はすぐさま居合わせた兵士たちを臨時編成で送り出していた。相手を見失うわけにはいかない。その後、ソリチュード上...

2017
19

◆Chapter: 2-4 巨大なうねり

ソリチュード城門前広場。声をかけてきたアルゴニアンの視界から外れるところまで離れると、ブラッキーは本能的に身を隠していた。奴隷商人たちと繋がりがあると思われる人物たち。いま少し様子を伺うべきかもしれない。身体の感触を確かめるため二三度軽くジャンプしてみたが、もう大丈夫そうだ。下船直後の揺動感はもう無くなっていた。胡散臭い2人のアルゴニアンは、シャフトの方に向かって歩き始めた。港に向かうのかもしれな...

2017
14

◆Chapter: 2-3 呪術師たち

杉の枝から光の粒がこぼれ落ち、街道の脇に小さな白い山を作る。夜のうちに降った雪が日中の太陽に当てられ、次の夜を待つことなく溶け、崩れ始める。近くを通りかかったキツネが、あわてて飛び退いてその落雪をかわす。木々が伸ばす格子のような影法師の間を通過するたび、キツネの毛皮がめまぐるしく色を変えた。傾いた太陽に照らされて金色に眩しく反射しているのだ。かなり日が傾いている。ハーフィンガルの深い森に抱かれたキ...

2017
17

◆Chapter: 2-2 国境を越えて

サクサクと小気味よい音が規則的に聞こえる。5人の旅人が雪を踏みしだく音だ。ロスガリアン山脈の東の外れ、幽霊海を見下ろす山の斜面を一行は登っていた。パインマーチからスカイリムに入る街道は2本ある。一本は海岸沿いに降り、国境の大橋を渡ってシーポイント開拓地に出る海岸周り。もう一つは首都であるジェハンナから北の小道を抜けて、キルクリース山に出る山越えだ。彼らは目的地のソリチュードにより速くたどり着ける山...

2017
12